スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月26日の キエーロ(生ゴミ処理ボックス)をつくろう! 

報告が遅くなってしまったのですが、7月26日の キエーロ(生ゴミ処理ボックス)をつくろう! 
の参加者から素敵なお便りを頂いていました。ご本人のご了解もいただけましたので、ご紹介します。M.U.さん、ありがとうございました。
当日の写真も一緒に載せますね。

キエーロ1
松本さんのキエーロの説明に耳を傾けている参加者のみなさま

キエーロ2
実際ふたつ作ってみました。

    
TT葉山の皆様

鎌倉のM.U.です。
昨日はキエーロをつくろうワークショップに参加させていただき、
楽しい時間を過ごしたうえにキエーロをいただいてしまいました。
ありがとうございました!!

廃材を利用したベランダ用キエーロは美しく、見飽きません。
昨日から早速生ゴミをためつつ、置く場所を整理しています。

慣れない日曜大工の共同作業も楽しかったです。
はじめましての方とも会話がはずむし、
釘数本打っただけでも自分の手を動かして作ると愛情が湧きますね。

松岡さん、岡崎さんのお話も興味深かったです。
藤沢市のゴミ有料化に文句を言っている母を連れていきましたが、
ゴミの日に出したその後のことを考えるきっかけになってくれるといいです。

あいにくレインボーカフェは行けませんでしたが、
また葉山の皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。
(葉山は大好きです。来月の森戸の浜の盆踊りは行きます!)

松本さんはじめキエーロづくりの準備をしてくださった皆さまに感謝して。

キエーロ3
葉山町環境課の松岡さんから生ゴミ処理についての町の取り組みについてお話いただきました。

キエーロ4
ワールドカフェの4つのテーブルのうちのひとつの模造紙です。

テーマ : 湘南・鎌倉
ジャンル : 地域情報

プロフィール

Author:トランジション葉山
:::::::::::::

ピークオイルと気候変動という地球の大きな転換期のなかで、市民の創意と工夫、および地域の資源を最大限に活用しながら、自然との共生を前提とした持続可能な社会経済システム、脱石油型社会へ移行していくための草の根市民活動「トランジション・タウン」はイギリスの小さな町のふたりから始まりました。
トランジション葉山はその流れをベースにしていますが、葉山には以前からすでに多くの魅力的で独自の市民活動が展開しています。この町の財産である豊かな人のネットワーク、自然環境、葉山というこの土地ならではの多様に展開している様々なことがらを、足もとのことから地道に、そしてたのしんで繋いでいく・・そんなことをしながら未来へのあらたな道を創っていけたらと動いている生まれたてのグループです。
どうぞよろしく。

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム
イベント参加希望、お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

☆メディアの情報☆
☆FMヨコハマ/エシコンhttp://eco.fmyokohama.co.jp    /on-air/2886    ☆のんびる6月号 http://secondleague.net/    nonbiru/2977.html
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。